水漏れの修理よりも給湯器 交換が必要

水漏れが原因で給湯器の修理をしたり、交換したりしなければいけない場合には、専門業者に依頼をすることになります。給湯器 交換は、ガスや電気と接続していることで水漏れの修理であっても給湯器 交換をしなければいけない故障もあります。また、水漏れの修理が完了しても利用できない場合もあるので専門業者にしっかりと確認と点検をしてもらうことが重要なポイントになります。

■給湯器には寿命があります  

給湯器に関する水漏れなどの修理では、給湯器自体の寿命により修理ではなく新しい給湯器への交換が必要になる場合があります。給湯器の寿命は、使用する環境や状況そして使用頻度により変化しますが、およそ7年から10年使用すれば寿命になります。そのため長く利用している場合には、給湯器自体を取り替えなければ使い続けることができない給湯器があります。そのまま使用していると事故やさらなる故障の原因となるため、早めに交換することが安全に利用するために大切なことです。 


■水漏れでも給湯器本体に影響がある  

通常の水道の蛇口のような水漏れであれば、修理を行い終了するものですが、給湯器では水が漏れていることで給湯器自体の電子基板や回路に影響を与えていることがあります。そのため水浸しになっていることや錆びてしまうことでそのまま使用できない場合があります。専門業者にしっかりと確認をしてもらわないと非常に危険です。





■まとめ  
水漏れが原因の修理の場合でも給湯器では、給湯器自体の交換を行わなければいけない状況もあります。電気やガスを利用しているためそのまま使用することは非常に危険な場合があります。また、寿命もあるので長く使用している場合にはこれを機会に新しい給湯器を購入することも考えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ